ZaurusFan!ロゴ ZaurusユーザとNetWalkerユーザのための無料総合ポータルサイト  こんにちは、ゲストさん - ZaurusFan! - ユーザ登録 - ヘルプ - ログイン
トップ  ニュース  掲示板  Wiki  ソフトウェア  ヘッドライン 03月06日(Sat)

logo

ZaurusFan!リンク集



  メイン  |  登録する  |  人気サイト (top10)  |  高評価サイト (top10)  |  おすすめサイト (10)  |  相互リンクサイト (7)  

  カテゴリ一覧  |  RSS/ATOM 対応サイト (17)  |  RSS/ATOM 記事 (31963)  |  ランダムジャンプ  

RSS/ATOM 記事 (31963)

ここに表示されている RSS/ATOM 記事を RSS と ATOM で配信しています。


rss  atom 

はやぶさ595号  from PI-ザウルスの部屋  (2021-3-1 19:00) 
新青森始発はやぶさ595号が新函館北斗に到着です。 3月になりまして26日は北海道新幹線開業5周年、その日近くになりましたら書こうと思ってましたが、2月に福島県沖で発生の地震により10日間不通、運転再開したものの減速ダイヤに伴い北海道新幹線と東北新幹線の直通運転は一日1往復の発表に新函館北斗駅を訪れました。 はやぶさ595号、所定は仙台始発が新青森で乗り換え、595号として新青森始発の途中駅無停車タイプの便になってます。 車両が気になって到着を待ってましたがH5系、上り始発はやぶさ510号の折り返し運用かなと思いました。 新青森駅からは貯雪方式区間の走行、新函館北斗駅到着後およそ10分で車両基地へ向かいますが停車中車体に付着した雪が線路上に落ちています。 到着前に線路を見てましたが、台車付近に雪が多く落ちてまして、終電後作業員が線路間のピットへ移動しているのでしょうか。 渡島大野駅時代に訪れた時、路盤制作を見てましたら、くぼみがあって何に使うのか疑問に思ってましたが、コレの為だったのでした。 上りはやぶさ522号が新函館北斗駅に入りました。 E5系、これも終着新青森迄停車しないタ ...
261系北斗  from PI-ザウルスの部屋  (2021-2-28 18:00) 
JR北海道特別急行北斗を撮影しました。 JR北海道は今も特別急行と放送案内してますので書きましたのと、2021年3月ダイヤ改正で編成を短縮するとありましたが3月1日から臨時に編成を短縮すると発表あって大沼公園付近で撮影しました。 2月下旬、日は高くなりましたが積雪は50センチ位でした。 一枚目画像は大沼公園駅を発車したシーンで、次の赤井川駅迄の最高速度120Km迄出せますので加速は良かったでした。 途中に400mの左カーブあるのが残念ですが、大沼公園を通して更に北へ向かうためには入れる必要あります。 静止画で撮影でしたが、ビデオ向きポイントでもありますが、平行して道路がバスの通り道で以前は訪日客乗車のバスと重なった事もありました。今回は待機中一台もバスは通りませんでしたが、反対方向から除雪作業の重機が接近しててヒラヒヤしました。 二枚目画像は函館行北斗を後部からの撮影で、雪の影響でしょうか10分程度の遅れをもっての走行です。 新函館北斗駅で新幹線の接続時間に余裕を取っているダイヤですが、運転手速度を上げてました。 単線で、行き合い列車を知っているのでしょうか。
九越フェリー  from PI-ザウルスの部屋  (2021-2-21 18:00) 
直江津から博多へのフェリーー乗船券が2021年に出てきました。 なんだろうと思ってた中から飛び出して、乗った時の様子が蘇ってきました。 今新潟県から船で福岡県へ移動できませんし、緊急事態の中他の交通機関使って、チケット予約してですが、観光なら止めますね。 同時に博多からのJR乗車券もありまして、羽田からの空路と判りました。 当時は八戸迄の新幹線そこから在来線で3時間台でしたから空路でした。 2020年博多駅から新函館北斗駅へ移動しましたが途中飲食できて、東京駅から4時間台が効いてます。 この時出発前、取りやめも考えましたが、今に思いますと決行してて良かったでした。 (ニューらぶ)とありまして、ニューれいんぼうぶ今の(さんふらわだいせつ)になります。 さんふらわだいせつ、ニューれんぼうらぶ時代より長く大洗〜苫小牧を結び、一時アクシデントを受けて函館どつくで修理を終えて復帰 2021年定期検査で函館どつくに入りました。 画像は試運転の為函館港を後にする光景です。 直江津から乗った部屋どうなっているのか見たいです。
3月28日開通  from PI-ザウルスの部屋  (2021-2-17 19:00) 
函館新外環状道路(赤川IC)〜(函館空港IC)3月28日に開通と報道ありました。 2015年3月14日に(函館IC)〜(赤川IC)が開通して6年後に函館空港迄伸びます。 函館市にとっても永年の懸案が解決する2021年3月28日になります。 帰宅後急いでスキャンしたため見にくくなってしまいました事をお詫び申し上げます。
日吉IC  from PI-ザウルスの部屋  (2021-2-16 19:00) 
日吉ICへ来ましたが、雪が多かった様子が判ります。 右側から路線バスが出ようとしてますが函館バス日吉営業所の建物がバスの後方に見えます。 左側に青フェンスが見えるのが日吉公園です。 日吉公園の一角に、工事のお知らせの掲示板ありました。 三枚目画像が地図を大きく写したもので左に上下に延びてますのが函館新外環状道路で上方向に函館空港ICへと続きます。 日吉ICへのアクセス道路建設の為、園路が通れなくなるの説明ですが、見ますとIC周辺の様子が判り函館バス日吉営業所が道路に囲まれているのが判ります。かつては函館新外環状道路上が北海道道1132号線で、そこから右折で日吉営業所へバスが入庫してました。 右上にドローン撮影のがありますが森林部分が日吉公園、その右側に延びる道路が日吉ICへのアクセス道路です。 これも近隣の皆様へと各家庭に配られたものと思いますが、1月下旬終了予定が延びてます。 1月は降雪が止まなかったでして、空港アクセス道路同様時期が遅くなったのが判ります。
空港アクセス道路  from PI-ザウルスの部屋  (2021-2-15 19:00) 
函館空港ターミナルを後にしまして、函館新外環状道路函館空港アクセス道路入口に立ちました。 2020年12月に訪れた時と比べ、交差点の通行方式が異なってました。 今までは北海道道63号から函館空港ターミナルへが直進の通行方式でしたが、空港アクセス道路方向への直進方式になって、空港ターミナルへは右折になってました。 先へ進みまして、右カーブ方向がバス路線にもなってます市道、直進が狭い市道が作り直られて、訪れた時は通行止めになってました。 看板を大きく写したものです。 右側に張ってます印刷物を大きく写しました。 近隣の皆様へと、同じ物が各過程へ配られたと思いますが、通行止区間の左側が二枚目画像撮影地点になります。 上の方に歩行者専用道路を進みますと函館市立上湯川小学校へ至ります。 迂回して市道上湯川43号線とある方向へ進む事ができますので行ってみました。 進んでこの看板見て疑問が解けました。 切替になる市道は北海道庁が建設する函館空港アクセ道路に平行して設けられるのでした。 フェンスの向こう側には商店がありましたが無くなり、昨年はゴミの撤去作業行われてた地点 ...
バレンタイン  from PI-ザウルスの部屋  (2021-2-14 18:00) 
函館空港ターミナルでバレンタインの飾りつけの展示がしている報に、見に行きました。 例年ですと春節で海外からのお客様向けの飾りや、雪ダルマもあるのでしたがコレでした。 東京便半分の便数になりまして、こちら箱館ラーメンの飲食店もシャッターが降りたまま、他のテナントも降りたままでした。 先日ANA時刻表が使命を終えましたと書きましたが、JALは制作してますが、こちらも使命を終える報道ありました。 3月冬ダイヤですけど手に取りますと、その先の夏ダイヤでA350を選んで予約してとですが終息しない限りは困難だとページをメグってましたらカウンター職員来ましたが、どうしようもありません。
ブルーマーメイド  from PI-ザウルスの部屋  (2021-2-11 18:30) 
津軽海峡フェリー青函航路13便ブルーマーメイドを撮影しました。 昨年12月函館発のブルールミナスの夜景を掲載した時に、数カ月すれば日没時刻も遅くなりと書いたと思います。 二月中旬にもなりますと、あの時より一時間遅くなりまして撮影してみました。 日が長くはなりましたが立春の記事にも書いた通り、気温は低くカメラメーカーが推奨している使用環境以下でしたが、撮影を先のばししますと船窓からの明かりが見えなくなり写してみました。 以前同じ地点で津軽海峡フェリーの同一便写した記憶ありまして、他のカメラメーカーの明るい交換レンズでした。 EOSR6の最大感度ISO102400を使い、小刻みに感度を変えて撮影できました。 明るくなった影響で、早いシャッター速度を選べるようになりました。 画像見ますと、考えてた交換レンズがと思いましたが、発売開始が3月に延びてしまい、アタッチメントで種類の豊富なEFタイプを装着した方がよかったかもしれません。 考えているうちに、日は延びて日中の様な中を函館フェリーターミナルへ向かうブルーマーメイドになります。
立春  from PI-ザウルスの部屋  (2021-2-3 19:00) 
2021年は2月3日が立春です。 春の兆しを感じる季節になりましたが、最高気温が氷点下の真冬日になりました。 数カ月しますと、二枚目画像の桜の下で火気を使用して、宴会が開かれ、2020年もお花見セットとして業者が食材・調理器具の用意の予約賜りますと、PRしましたが、緊急事態の中に入り、予約の取り消しがでした。 業者は食材の手配を予約受付と同時に、手配しますので、倉庫に大量の食材が溢れて、夏も期待できなくて、倉庫に山積みとネットニュースにありました。 三枚目画像は(大寒)同様おまけです。 ブルールミナスにとっては初めての冬です。 立春の次は雨水ですが、2月中旬も当地は雪、春実感は3月です。
ANA時刻表  from PI-ザウルスの部屋  (2021-1-31 18:00) 
以前JTB北海道時刻表が廃刊になったと書いたと思いますが、全日空で配布してた紙時刻表が1月31日で最終となりました。 時刻を掲載しても新型コロナの影響により運休便が発生して紙では対処しきれない、この時刻表を置く旅行会社もJR北海道の旅行部門のツインクルが2月末をもちまして閉鎖となり、置いてもらえる所も少なくなってるのもあります。 紙の時刻表に替わり2月からはネット上で見れますが、紙ならではの話を書きたいです。 二枚目は2020年夏ダイヤの時刻表ありました。 制作した時は搭乗して思い出作りのコピーでしたが、全国緊急事態発令により、思い出どころではありませんでした。 2020年6月に県をまたがっての移動が緩くなる日にちが判りまして、この時刻表で行程を作り移動しました。 手元にこちらと、JTB時刻表があったから作れたなと思いました。 三枚目ツタイ東日本フェリー31年前、写っているのは大洗〜室蘭の(びくとり)岩内〜直江津〜室蘭は(へるめす)でした。 今回は航空機の話ですので詳細省きますが、当時乗船予約は電話受付、会社内の予約システムで予約できるシステムだったと思います。 旅行会社へ出向 ...



(1) 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 [3197] » 
© 2007-2014 All zaurus fan and Masanori. : theme4u